Mac

macのプレビューで塗りつぶしする方法。難しい操作は一切なし!

・画像の塗りつぶしはプレビューで出来るの?

・画像の塗りつぶしを無料でやりたい!

本記事はこのような方に向けて書きました。

macに標準で搭載されている「プレビューアプリ」を使えば、基本的な画像編集は簡単にできます。

もちろん今回ご紹介する「塗りつぶし」も可能です。

ということで本記事では、macのプレビューで画像の塗りつぶしをする方法を画像を使って分かりやすく解説していきます。

毎日のようにmacのプレビューを使って、ブログ用の画像を編集している筆者が解説していくよ!

Ryo

この記事を読めば、今後画像の塗りつぶしに苦労することもなくなり、手際良く画像編集が行えるようになります。

それでは記事の内容を見ていきましょう!

画像編集前に「複製」しよう

編集作業に移る前に画像を「複製」しておきましょう!

Webから何枚でもダウンロードできるとかなら必要ないけどね。

Ryo

これは今回の「塗りつぶし」だけでなく、切り抜きやトリミング、ちょっとした編集でも基本的に行うべきです。

理由は簡単で、

元の画像が必要になる場合があるから

です。

画像をプレビューで編集すると編集内容は上書きされていくので、複製していなければ元の画像が手に入ることはありません。

そのため「複製」をしていないと、編集に失敗したときなどに非常に困ります。

編集する前に必ず「複製」をしておきましょう!

ちなみに複製方法は以下の通りです。

① 複製したい画像を右クリック

② 「複製」をクリック

めちゃくちゃ簡単だね!

Ryo

【macのプレビュー】四角や丸を塗りつぶす方法

まずは、四角形や円形の部分を塗りつぶす方法をご紹介していきます。

具体的な方法を簡単に説明すると、

塗りつぶしたい部分に四角形や円形の図形を重ねる

です。

塗りつぶしの"基本編"ということになります。

複雑な部分を塗りつぶす方法は後ほど解説するよ!

Ryo

ではやり方を見ていきましょう。

step
1
図形を選択する。

ここでは、下の画像にあるPCのディスプレイ部分を赤く塗りつぶしていきます。

①、②、③の順番にクリック

まずは上の画像にある「①→②→③」を順にクリックします。

① ツールバーを表示するボタン

② 図形

③ 四角形

プレビューで利用できる図形には四角形以外にも、矢印や円、吹き出しなどがあります。

ただ、今回はPCのディスプレイを塗りつぶしたいので四角形を使っていきます。

step
2
枠線、塗りつぶしの色を選択する。

次に四角形の枠線、塗りつぶしの色を選択していきます。

枠線、塗りつぶしの色は以下の画像で示したところから変更できます。

今回は枠線、塗りつぶしの色ともに赤でいきます。

step
3
図形の大きさを塗りつぶしたい箇所に合わせる。

最後に、図形を塗りつぶしたい箇所の大きさに合わせれば完了です!

図形を塗りつぶしたい箇所の大きさに合わせれば完了

塗りつぶしたい部分が四角形や円などのように、複雑でなければこの方法が最適で簡単です。

【macのプレビュー】複雑な部分を塗りつぶす方法

次は、先程のように画像を重ねるだけでは塗りつぶしができないような場合を見ていきましょう。

具体的な方法を簡単に説明すると、

塗りつぶす部分を切り抜く → 背景色を変える

です。

これだけだと「?」という感じだと思うので実際に見ていきましょう。

step
1
「スマート投げなわ」を選択する。

ここでは、肉球の下部(下の画像の赤枠)を赤く塗りつぶしていきます。

塗りつぶす部分

ということでまずは、ツールバーを表示させるために①をクリックし、画面左上②の中の「スマート投げなわ」を選択しましょう。

ツールバーを表示させるために①をクリックし、画面左上②の中の「スマート投げなわ」を選択

step
2
「スマート投げなわ」で境界線をなぞる。

「スマート投げなわ」を選択すると、カーソルが「+」になります。

その「+」カーソルで塗りつぶしたい部分の境界線が赤線に含まれるようになぞっていきます。


「+」カーソルで塗りつぶしたい部分の境界線が赤線に含まれるようになぞる

step
3
「command + X」で塗りつぶす部分を一度切り抜く。

塗りつぶしたい範囲を指定し、以下のように点線で囲われたら「command + X」を押しましょう。

塗りつぶす部分が点線で選択されている

「command + X」を押すと選択されていた部分が以下のように切り抜かれます。

command + Xを押すと選択されていた部分が切り抜かれる

step
4
プレビューの背景色を変更して、スクショをとれば塗りつぶし完了!

画面左上の「プレビュー」→「環境設定」をクリックします。

画面左上の「プレビュー」→「環境設定」をクリック

以下のようなウィンドウが表示されるので、赤枠の部分をクリックし塗りつぶしたい色を選択しましょう。

ウィンドウの背景を選択

すると、プレビューの背景と切り抜いた部分が選択した色で塗りつぶされます。

プレビューの背景と切り抜いた部分が選択した色で塗りつぶされる

そして最後に「command + shift + 4」でスクリーンショットを撮影すれば、塗りつぶしの完了です。

塗りつぶし完了

この方法を活用すれば、ある程度複雑な画像でも塗りつぶしが可能になります。

この機会にマスターしちゃいましょう!

【まとめ】macのプレビューで画像を塗りつぶす方法

まとめ

今回の記事ではmacのプレビューを使って、画像を塗りつぶす方法を解説してきました。

✔︎ 四角形や円形の部分を塗りつぶす

→ 色付きの図形を重ねる。

✔︎ 複雑な部分を塗りつぶす

→ 塗りつぶしたい部分を切り抜き、プレビューの背景色を変える。

編集前に「複製」するのも忘れずに

Ryo

やり方は分かったと思うので、あとは実際に手を動かすだけです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

-Mac