Macのホットコーナーで作業時間を1秒でも減らそう!9割の人が知らない機能

Mac

Macのホットコーナーで作業時間を1秒でも減らそう!9割の人が知らない機能

・Macの隠された裏ワザ的なのを知りたい!

・Macのホットコーナーって何?

本記事はこのような方に向けて書きました。

Macには便利な裏ワザ的な機能が多くあり、そのうちの1つが今回ご紹介する「ホットコーナー」です。

ディスプレイの4隅全てもしくはいずれかを「ホットコーナー」として設定し、そこにカーソルを移動させると特定のアクションが作動する。

9割近くのMacユーザーが知らない(筆者の勝手な憶測)割には、作業を効率化できる便利な機能です。

そこで今回は、「ホットコーナー」の設定方法からおすすめのアクションまでを解説していきます。

この記事を読めば、「ホットコーナー」がどんな機能なのか、どのように使うと便利なのかが分かるので参考にしてみてください。

それでは記事の内容を見ていきましょう。

Macのホットコーナーとは

ディスプレイのコーナーを「ホットコーナー」として設定し、そこにカーソルが入ると特定のアクションが行われます。

macディスプレイの4隅

画面のコーナーをホットコーナーとして使用して、ポインタをコーナーに移動したときにアクションを素早く開始できます。

引用元:Apple

例えば、

画面右下にカーソルがきたら「画面ロック」される

画面左上にカーソルがきたら「通知センター」が表示される

画面左下にカーソルがきたら「アプリ一覧画面」が表示される

などですね。

この「ホットコーナー」を使いこなせると、今までキーボードやマウスで行っていた操作がカーソルの移動だけで実現可能になります。

確実にキーボードやマウスよりも、時間がかかりませんし操作が楽なのでぜひ取り入れて欲しい機能です。

「ホットコーナー」がどんな機能か分かったと思うので、設定方法の解説に移っていきます。

Macホットコーナーの設定方法

「ホットコーナー」は以下の手順で設定できます。

step
1
ディスプレイ左上の「アップルマーク」→「システム環境設定」の順にクリック。

ディスプレイ左上の「アップルマーク」→「システム環境設定」の順にクリック

step
2
システム環境設定の「デスクトップとスクリーンセーバー」をクリック。

システム環境設定の「デスクトップとスクリーンセーバー」をクリック

step
3
「スクリーンセーバ」→「ホットコーナー」の順にクリック。

「スクリーンセーバ」→「ホットコーナー」の順にクリック

step
4
ホットコーナーの設定画面が表示される。

ホットコーナーの設定画面

設定できる機能は以下の9つ。

  1. 「スクリーンセーバを開始する」
  2. 「スクリーンセーバを無効にする」
  3. 「Mission Control」
    → 全てのデスクトップ・ウィンドウを表示する
  4. 「アプリケーションウィンドウ」
    → アクティブなアプリのウィンドウを表示
  5. 「デスクトップ」
    → デスクトップを露出する
  6. 「通知センター」
    → 通知センターを表示する
  7. 「Launchpad」
    → アプリ一覧画面を表示
  8. 「ディスプレイをスリープする」
  9. 「画面をロックする」

全てのコーナーにアクションを設定しても良いですし、本当に必要なのだけを厳選するのも良いですね。

あなたが使いやすいようにカスタマイズしていきましょう。

意図せず作動しないために修飾キーを設定しよう

角にカーソルが行くだけで作動しちゃうのか...。それだと意図せず作動することも多そう。

大丈夫!修飾キーを設定すればカーソルの移動だけでは作動しなくなるよ!

Ryo

設定方法を解説していきますね。

ホットコーナーのアクション選択画面で、「shift」キーを長押しすると以下のようにアクションの横に「shift」マークが表示されます。

アクションの横に⬆︎が表示される

この状態でアクションを選択すれば、「shift」を押しながらカーソルを移動したときのみ「ホットコーナー」が作動するようになります。

「shift」以外にも「command」「option」「control」が使えます。

これで、カーソルを移動しただけではアクションが作動しなくなるので安心です!

Macホットコーナーのおすすめアクション3選

「ホットコーナー」のどのアクションを設定したらいいか分からない...。

という方のために、筆者厳選のおすすめアクションを3つご紹介します。

それが以下の3つです。

  1. Mission Control
  2. 画面をロック
  3. デスクトップ

順番に解説していきますね。

【おすすめアクション①】Mission Control

おすすめのアクション1つ目は「Mission Control」です。

「Mission Control」は「開いてるデスクトップ・ウィンドウを一目で把握でき、瞬時に切り替えることができる機能」です。

これだけだとイメージが湧かないと思うので、具体的に説明していきます。

以下のように、いくつかのウィンドウが重なっている状態で「Mission Control」を使うと、

Macのデスクトップ上にウィンドウが重なっている

デスクトップ・重なっていたウィンドウが全て鳥瞰的に表示できるようになり、クリックしたところに素早く移動できます。

デスクトップ・重なっていたウィンドウが全て鳥瞰的に表示される

このように「Mission Control」は、デスクトップやウィンドウの把握・切り替えに役立つ汎用性が高いアクションです。

【おすすめアクション②】画面をロック

おすすめのアクション2つ目が「画面ロック」です。

「画面ロック」は名前の通りですが、画面がロックされてパスワード入力画面が表示されます。

画面がロックされてパスワード入力画面が表示される

この「画面ロック」は図書館やカフェで少しの間Macから離れるときなどに重宝しますね。

ただカーソルの移動だけで「画面ロック」が作動すると面倒くさいので、修飾キーを設定するのがおすすめです。

筆者は「shift」を押しながらカーソルを移動したときだけ「画面ロック」が作動するように設定しています。

【おすすめアクション③】デスクトップ

おすすめのアクション3つ目は「デスクトップ」です。

「デスクトップ」は「デスクトップを隠しているウィンドウをデスクトップ外に避ける機能」です。

これだけだと意味不明だと思うので、具体的に解説していきますね。

以下のようにデスクトップ上にウィンドウが重なっていても、

Macのデスクトップ上にウィンドウが重なっている

「デスクトップ」を使うと、ウィンドウが全てデスクトップ外に移動します。

これでデスクトップにあるファイルに簡単にアクセスできるようになります。

デスクトップ上にファイルや書類を置く方には便利な機能なので、一度試してみてください。

【まとめ】Macのホットコーナー

まとめ

今回は「ホットコーナー」の詳細から設定方法、おすすめのアクション3選をご紹介してきました。

要点を簡単におさらいしましょう。

  • 「ホットコーナー」にカーソルを移動させると設定したアクションが行われる
  • 修飾キーを設定すれば、カーソルの移動だけではアクションが作動しなくなる
  • おすすめのアクションは「Mission Control」「画面ロック」「デスクトップ」

色々なアクションを試して、あなたに合った「ホットコーナー」を設定してみてください。

ご覧いただきありがとうございました。

-Mac

© 2021 りょうの一歩! Powered by AFFINGER5