Amazon Kindle

【2021年】Kindle端末4モデルのおすすめは?徹底比較!

・Kindle端末4モデルにはどんな違いがあるの?

・どれがオススメか知りたい!

本記事はこのような方に向けて書きました。

電子書籍を読むことに特化したKindle端末には、以下の4つのモデルがあります。

本記事では、これら4モデルにはどのような違いがあり、どんな方にオススメかご紹介していきます。

さっそく記事の内容を見ていきましょう!

【結論】Kindleモデル別おすすめな人

Kindle4モデルそれぞれのおすすめな人

早速ですが、Kindle4モデルのオススメな方をご紹介します。

Kindle(無印)」がおすすめな人

→ とにかく安いのが良い
→ 試しにKindleを使ってみたい

Kindle Paperwhite」がおすすめな人

→ コスパ重視
→ 一番人気なのが良い

Kindle Oasis」がおすすめな人

→ 価格より使いやすさ優先
→ 大画面で快適に読書したい

Kindle キッズモデル」がおすすめな人

→ 子供が使う

ここからは、Kindle4モデルに共通する特徴、それぞれの特徴をご紹介していきますね。

Kindle4モデルに共通する特徴4つ

Kindle4モデルに共通する特徴4つ

Kindle4モデルそれぞれの特徴をご紹介する前に、共通する4つの特徴について見ていきましょう。

1つずつ解説していきますね。

本物の紙のようなディスプレイ

Kindle端末のディスプレイはe-inkという技術を使っているため、本物の紙なんじゃないかと思うくらい「紙」です。笑

写真じゃ分かりづらいとは思いますが、こんな感じです。

Kindle Paperwhiteのディスプレイは本物の紙のよう

スマホやタブレットは、画面からの光が直接目に当たる作りになっていますが、Kindle端末はディスプレイを照らすだけで目に光は当たりません。

もちろんブルーライトも発生しないので、かなり目に優しいと言えます。

Kindle端末は、長時間の読書、寝る前の読書に最適です。

余計な機能がないため読書に集中できる

Kindle端末には読書に必要な機能しかなく、メールやゲーム、SNSなどの機能は一切ありません。

そのため、通知などで集中が途切れることがなく、読書にどっぷり浸かることができます。

スマホやタブレットだと、LINEやインスタの通知がきたら気になってしまいますよね。

気づいたらYouTubeを見てたなんてことも...。

Kindle端末なら読書を邪魔するものがないので、集中して読むことができます。

バッテリー持ちが良い

Kindle端末は、バッテリー持ちがかなり良いです。

1回充電すれば何週間も持つので、スマホのように毎日充電する必要は無いので、バックに入れたまんまでも大丈夫です。

ちょっとした旅行なら充電器を持っていく必要もありません。

軽く持ち運びに便利

Kindle端末は一般的な書籍に比べて軽く、小さいため持ち運びに便利です。

kindle paperwhiteの方が一般的な書籍より小さい
Kindle Paperwhiteは一般的な書籍よりも薄い

バックに入れても、薄いためかさばりませんし、何より軽いので本当に持ち運びがラク!

しかも、Kindle端末自体が本棚のみたいなものなので、紙の本よりかさばらないにも関わらずたくさんの本を持ち歩き読むことができます。

外出先でも読む本に困ることはないね!

Ryo

【特徴】Kindle(無印)

kindle(無印)
引用元:Kindle(無印)
価格(税込)広告あり:8,980円
広告なし:10,980円
ディスプレイ6インチ
解像度167ppi
防水機能×
ストレージ8GB
接続wifi
カラーブラック・ホワイト
保証1年間

Kindle(無印)の特徴

  • 価格が4モデルの中で最も安い
  • 解像度が低い
  • 防水じゃない

Kindle(無印)は、8,980~10,980円とかなり手頃な価格設定になっています。

しかしその分、解像度が167ppiと「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」の300ppiに比べて低くなっています。

また、防水機能がないためお風呂での読書もできませんし、水に触れないように管理する必要もあります。

とは言っても、電子書籍が肌に合わず使わなくなる可能性もあるので、初めての方にとっては選択肢の1つになりますね。

とにかく安いのが欲しい、電子書籍を試してみたいという方には
おすすめのモデル!

Ryo

【特徴】Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite
引用元:Kindle Paperwhite
価格(税込)13,980~22,980円
ディスプレイ6インチ
解像度300ppi
防水機能
ストレージ8GB / 32GB
接続wifi / wifi+4G
カラーブラック・トワイライトブルー
プラム・セージ
保証1年間

kindle Paperwhiteの特徴

  • コスパ最強
  • ダントツ人気No.1

「Kindle Paperwhite」は「Kindle(無印)」の欠点である解像度・防水機能・ストレージの全てを克服したコスパ抜群のモデルとなっています。

正直「Kindle Paperwhite」を買っておけば失敗はない!

Ryo

解像度は、「Kindle Oasis」と同じ300ppiなので漫画や雑誌でも問題なく読むことができます。

防水機能も搭載されているので、お風呂で読書を楽しむことができ、使い方に幅も出てきそうですね。

また、32GBも用意されているので漫画や雑誌を中心に読む方も利用することができるようになっています。

このように、「Kindle Paperwhite」は使い方や読むジャンルを問わないので、幅広い人におすすめできるモデルとなっています。

レビュー数、評価からも人気の高さが伺えますね。

モデルレビュー数評価
Kindle (無印)1,7094.1/5
Kindle Paperwhite10,4254.2/5
Kindle Oasis1,5404.2/5
Kindle キッズモデル5323.8/5

コスパ重視、一番人気のモデルを買いたい方には「Kindle Paperwhite」がおすすめ!

Ryo

【特徴】Kindle Oasis

kindle oasis
引用元:Kindle Oasis
価格(税込)29,980~40,980円
ディスプレイ7インチ
解像度300ppi
防水機能
ストレージ8GB / 32GB
接続wifi / wifi+4G
カラーブラック
保証1年間

Kindle Oasisの特徴

  • 価格がかなり高い
  • 使いやすさに関しては抜群
  • 唯一ディスプレイが7インチ

Kindle Oasisの価格は他の3モデルに比べてかなり高くなっていますが、その分他のモデルにはない便利な機能を搭載しています。

ページ送りボタン
→ 端末右側にある物理ボタンを使うことで、片手でページを送れる

色調調節ライト
→ ディスプレイをホワイトから暖かみのある色まで調節できる

明るさ自動調節
→ 明るさを自動調節できる

自動画面回転
→ 画面を回転させて利用できる

特にページ送りボタンは、片手しか使えないような場面でも読書することができるので便利ですよね。

また、ディスプレイも7インチと大きいので他のモデルに比べて読みやすさは高くなっています。

このように、「Kindle Oasis」は利便性、快適性を第一に考えて作られているので、読書の質を追求する方や片手で読書したい方にはドンピシャのモデルになっています。

価格が高くてもいいから最高の読書体験をしたい方に「Kindle Oasis」はおすすめです!

【特徴】Kindle キッズモデル

価格(税込)10,980円
ディスプレイ6インチ
解像度167ppi
防水機能×
ストレージ8GB
接続wifi
カラー4種類
保証2年間

Kindle キッズモデルの特徴

  • 子供向けモデル
  • 1年間1,000冊以上の子供向けの本が読み放題
  • 2年間限定保証

「Kindle キッズモデル」はその名の通り、子供が読書することを想定して作られたKindle端末です。

基本的な性能はKindle(無印)と同様で、読書の機能しか持たない、目に優しいディスプレイという点も他モデルと同じです。

「Kindle キッズモデル」の特徴的な点は、1年間1,000冊以上の子供向け本が読み放題2年間限定保証があることです。

また親御さんは、年齢フィルターを設定することで表示する本を変更したり、目標設定、読書の進み具合を確認することが可能です。

Kindle キッズモデルのペアレントダッシュボード

読書が好きなお子さんにプレゼントしたら、喜ばれるだけでなくさらに学習するようになり、色々な知識や価値観に触れることができます。

あまり読書をしないお子さんでも、「端末である」「様々な本から好きなのを選べる」という要素があることで、積極的に読書するようになるかもしれませんね。

Kindle端末のオプション3つ

Kindleオプション3つ

Kindle端末は購入時に以下のオプションを選択する必要があり、その選択によって価格が変わってきます。

Kindle端末のオプション

Kindle(無印)
→ 「広告あり/なし」だけ選択

Kindle Paperwhite、Oasis
→ 「8GB/32GB」「広告あり/なし」「wifi/wifi+4G」を選択

Kindle キッズモデル
→ 選択するオプションはなし

こんな感じで購入時に選びます。↓↓

Kindle端末購入時のオプション選択画面

選択次第で価格が変わってきますし、購入したら変更することはできないので慎重に選ぶ必要があります。

ということで、どれを選ぶのがオススメか簡単に解説していきますね。

【8GB / 32GB】漫画読む方は32GB、それ以外は8GB

「Kindle(無印) 」と「Kindle キッズモデル」には8GBしかありませんが、「Kindle Paperwhite」と「kindle Oasis」は8GBか32GBを選択する必要があります。

「8GB/32GB」の選ぶ基準は以下のようになります。

【8GB / 32GB】選ぶ基準

漫画や雑誌を多く読む
→ 32GB

漫画や雑誌をほとんど読まない
→ 8GB

Kindle Paperwhite:32GBにすると+2,000円

Kindle Oasis:32GBにすると+3,000円

漫画や雑誌は文字ベースの書籍に比べて容量が大きいため、8GBだと100~200冊くらいしか保存できません。

そのため、漫画や雑誌を多く読む方には32GBがおすすめです。

一方で小説やビジネス書のような文字主体の電子書籍は、容量が小さいため8GBでも数千冊は保存可能です。

漫画や雑誌を読まず、文字主体の書籍を中心に読む方には8GBがおすすめですね。

漫画や雑誌を読む方は32GBにしよう!

Ryo

【広告あり / なし】広告なし一択

結論、広告に関しては「広告なし」一択です。

Kindle キッズモデル:もともと広告なし

他3モデル:「広告なし」は+2,000円

「広告あり」の場合は、スリープ画面とホーム画面の下部にセール情報などが常時表示されます。

「広告あり」にして後々、「広告やだな、広告なしにしとけば良かった...」と思っても買い換えない限り変更することはできません。

後悔するかも知れないなら、2,000円払って不安をなくした状態で気持ちよく読書した方が良いですよね。

もちろん私も「広告なし」にして現在満足しています。

【wifi / wifi+4G】wifi一択

「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」の購入時、「wifi / wifi+4G」のどちらかを選択しなければいけません。

(「Kindle(無印)」と「Kindle キッズモデル」はwifiです。)

wifi
→ wifi接続時のみ書籍をダウンロード可能

wifi+4G
→ 4G接続時も書籍のダウンロード可能(4G通信費は無料)

結論、「wifi」を選べば問題ありません。

なぜなら、

  • wifi+4Gにすると強制的に「32GB・広告なし」になり最高価格となる
  • wifi接続時に書籍をダウンロードすれば良い

wifi環境下でダウンロードすれば書籍は読むことはできるので、wifi+4Gは正直必要ないかと。

最悪、スマホでダウンロードして読めば良いですしね。

迷ったら人気No.1の「Kindle Paperwhite」がおすすめ

もうよく分からないからこれ買っておけばOKみたいの教えて!

結論、「Kindle Paperwhite」を買っておけばOK!

私も「Kindle Paperwhite」を1年程利用していますが、欠点という欠点が見当たりません。

  • 価格は13,980円(税込)~と高すぎない
  • 解像度も「Kindle Oasis」と同じ300ppiで快適
  • 防水機能があるのでお風呂で読書できる

Kindle(無印)は、価格が安いのは良いんですが解像度が悪く読みづらいですし、防水が無いので活躍の幅も狭まります。

Kindle Oasisは、最高に使いやすく快適な読書を実現可能ですが、最低でも29,980円するので手が出にくい方が多いはずです。

Kindle(無印)は機能が...、Oasisは価格が...。

Ryo

「Kindle(無印)」と「Kindle Oasis」両方のデメリットを解決したものが「kindle Paperwhite」ということですね!

もちろん私だけでなく、多くの方が使って満足しています。

迷ったら「Kindle Paperwhite」を選びましょう!

【Kindle4モデル】おすすめまとめ

Kindleおすすめまとめ

最後に、それぞれのモデルがどのような方にオススメか確認しましょう。

【Kindle4モデル】おすすめな人

Kindle(無印)
→ とにかく安いのが良い

Kindle Paperwhite
→ コスパ重視、人気があるモデルが良い

Kindle Oasis
→ 価格より快適さ優先、片手で読書したい

Kindleキッズモデル
→ 子供にプレゼントしたい

何度も言っていますが、迷ったらコスパ最強の「Kindle Paperwhite」を選びましょう。

欠点はありませんし、何しろ電子書籍リーダーの中でダントツ人気で使用者も多いですからね。

それだけ使っている人が多いということは、良い商品ということですね!

Kindle(無印)

Kindle Paperwhite

Kindle Oasis

Kindle キッズモデル

-Amazon, Kindle