【Kindle Paperwhiteレビュー】読書好きには最強のデバイス! - りょうの一歩!

Amazon Kindle

【Kindle Paperwhiteレビュー】読書好きには最強のデバイス!

・「Kindle Paperwhite」を実際に使った人の感想を知りたい。

・「Kindle Paperwhite」のメリットだけでなくデメリットも知りたい。

本記事はこのような方に向けて書きました。

電子書籍デバイスの「Kindle Paperwhite」は、読書好きな人、あまり読書しない人にもオススメの商品!

とにかくかさばらないし、いつでも購入できてすぐに読み始められます。

今回は、「Kindle Paperwhite」を筆者が使った感想や口コミをご紹介します!

この記事を読めばメリットだけでなく、デメリットもわかるので購入を考えている方は最後までご覧ください。

それでは記事の内容を見ていきましょう。

なぜKindle Paperwhiteを買ったのか

まず始めに筆者がなぜ「Kindle Paperwhite」を購入したかですが、次の2つに分けてご紹介していきます。

・電子書籍を購入した理由

・3種類のKindle端末の中からなぜKindle Paperwhiteを選んだのか

1つずつ見ていきましょう。

電子書籍を購入した理由

筆者が電子書籍を購入した理由は、以下の3つです。

購入した理由

① 紙の本を置く場所が無くなった

② いちいち本屋に買いに行くのが面倒くさい

③ 紙の本は持ち歩くときにかさばる

1番の理由は、紙の本を置く場所が無くなったからですね。

電子書籍を持っていればそれ自体が「本棚」みたいなものなので置く場所も用意する必要がありません。

しかも軽いですし、紙の本に比べてかなり薄いので持ち運んでもかさばりません。

そして、電子書籍なら好きな時に購入できますし、購入してすぐに読み始めることが可能。

逆に紙の本の場合は、買うごとに置く場所が必要ですし持ち運ぶにしても重いし、何冊も持ち歩けないですよね。

電子書籍なら購入してすぐに読めますが、紙の本は本屋さんに行ったり、インターネットで買うにしても届くまで待たなければ行けません。

こう考えると「Kindle Paperwhite」ってかなり便利だね!

これらが筆者が電子書籍を購入した主な理由です。

3種類のKindle端末の中からなぜKindle Paperwhiteを選んだのか

Kindle端末には「Kindle」「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」の3モデルがあります。

KindleKindle PaperwhiteKindle Oasis
価格¥8,980~10,980¥13,980~22,980¥29,980~40,980
ディスプレイ6インチ7インチ7インチ
容量8GB8GB / 32GB8GB / 32GB
接続Wi-FiWi-Fi / Wi-Fi + 4GWi-Fi / Wi-Fi + 4G
解像度167ppi300ppi300ppi
防水機能×
ページ送りボタン××
色調調節ライト××
明るさ自動調節機能××
自動画面回転機能××

筆者がこの3モデルの中で「Kindle Paperwhite」を選んだ理由は、

① 高すぎず安すぎない

② そこまで多機能でなくて良い

③ 7インチで解像度が良い

④ 一番人気なモデルだから

です。

筆者は、1日に1~2時間しか読書をしないので「Kindle Oasis」ほど多機能じゃなくて良いですよね。

そして「Kindle Oasis」は少し高すぎですね、個人的には(笑)

「Kindle」は、他の2モデルに比べて6インチ、167ppiと快適に読書をするには少し物足りないなと感じました。

その点「Kindle Paperwhite」は「Kindle Oasis」と同じ7インチ、300ppi。

そして3モデルで圧倒的に1番人気なんですよ。

価格も¥13,980~22,980と高すぎず安すぎず、手が届きやすい感じだったので「Kindle Paperwhite」にしましたね。

Kindle Paperwhiteの見た目やサイズ

Amazonショッピング(Kindle Paperwhite)

ここでは「Kindle Paperwhite」の見た目・サイズをご紹介していきます。

サイズは次のようになっています。

厚さ
167mm
(16.7cm)
116mm
(11.6cm)
8.18mm
(0.818cm)

まずは、以下の画像で箱ティッシュと大きさを比べたので見てみましょう。

kindle paperwhiteと箱ティッシュの大きさ比較

見て分かる通り「Kindle Paperwhite」って結構小さいんですよ。

実際初めて手に持った時、予想以上に小さくてビックリしましたね。

kindle paperwhiteの読書画面

Kindle端末は白黒で、ディスプレイは本物の紙のようになっていて長時間読書をしていても全く目が疲れません。

kindle paperwhiteの横幅

厚さは、8.18mmで大体小指の太さと同じくらいですね。

薄い、軽い、小さい全てを備えているので持ち運びもかなり楽!

kindle paperwhiteの裏面

裏面はこんな感じ。

「amazon」のマークがあり、ホコリがくっつきにくい素材で作られています。

筆者が選んだKindle Paperwhite(広告・容量・接続方法)

Kindle Paperwhite」は購入する際に、

・広告つき / 広告なし
(筆者は「広告なし」)

・8GB / 32GB
(筆者は「8GB」)

・Wi-Fi / Wi-Fi + 4G
(筆者は「Wi-Fi」)

を自由に選択でき、それによって価格が変わってきます。

それぞれ筆者が選んだ理由や、選ぶ基準を見ていきましょう。

注意!

購入後に変更することが出来ないので、慎重に選択しましょう!

広告つき / なし(筆者は「広告なし」)

広告つき / なし

広告なしにすると + ¥2,000

下の2枚の画像は「広告なし」のスリープ画面とホーム画面です。

「広告あり」の場合、画像の赤枠の部分に広告が表示されます。(読書中の画面に広告が表示されることはありません。)

kindle paperwhiteのスリープ画面
スリープ画面
kindle paperwhiteのホーム画面
ホーム画面

筆者は¥2,000で広告が一切つかないなら安いもんだなぁと思い「広告なし」にしました。(長く使うものですしね。)

「広告つき」を使ったことが無いので絶対に「広告なし」にした方が良いと断言できるわけではないですが、

「広告つき」にしたけど、実際使ってみたら「広告なし」の方が良かったかも...。

となっても変えることは出来ないので、ずっとそれを使うもしくは買い換えるしかありません。

筆者はそのようなリスクを取るぐらいなら、+¥2,000で「広告なし」にすることをオススメします!

8GB / 32GB(筆者は「8GB」)

容量(8GB / 32GB)

32GBにすると  + ¥2,000

それぞれの容量で保存できる書籍数は次の通りです。(あくまで目安です。)

保存できる本の数

8GB

書籍:約1,500~2,000冊

漫画:約130~150冊

32GB

書籍:約6,000~8,000冊

漫画:約550~650冊

漫画を中心に読んだり、漫画や雑誌を多く読む予定の方は「32GB」ほとんど活字の本しか読まないという方は「8GB」で十分です。

「8GB」でも普通の書籍なら数千冊保存できますし、漫画や雑誌を読まないなら容量が足りなくなる心配もまずないですね。

Ryo

私は漫画や雑誌をほとんど読まないので「8GB」です。

容量は余りまくってますね(笑)

Wi-Fi / Wi-Fi + 4G(筆者は「Wi-Fi」)

接続方法(Wi-Fi / Wi-Fi + 4G)

Wi-Fi          →  「広告つき / 広告なし」「8GB / 32GB」を選択できる。

Wi-Fi + 4G   →   自動的に「広告なし」「32GB」になる。

「Wi-Fi」を選ぶと、Wi-Fiに接続されている時だけ書籍のダウンロードが可能です。

「Wi-Fi + 4G」は、Wi-Fiに接続されている時だけでなく4Gに繋がっている時にも書籍のダウンロードができます。

しかし、「Wi-Fi + 4G」を選択すると「広告なし」「32GB」しか選べなくなります。

そのため必然的に最高価格の¥22,980になります。

正直書籍は家でダウンロードすれば良いですし、わざわざ最高価格にしてまで4G環境下でダウンロードできるようにする必要は感じられませんでしたね。

Ryo

実際4G環境下でダウンロードしたいと思ったことは一度もありませんね。

筆者は「Wi-Fi」にして「広告つき / 広告なし」「8GB / 32GB」を自由に選ぶのをオススメします!

Kindle Paperwhiteのデメリット

電子書籍デバイスの中で最も売れている「Kindle Paperwhite」ではありますが、もちろんデメリットも存在します。

なんか自分に合わないな...。

とならないためにもどんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

筆者が感じた「Kindle Paperwhite」のデメリットは次の4つです。

デメリット

① 本が中古で売れない

② 画面の切り替えが遅い

③ ディスプレイが白黒

④ 所有欲が満たされない

1つずつ見ていきましょう。

本が中古で売れない

電子書籍全般に言えることではありますが、読まなくなった本を中古で売るということができません。

将来的に読まない本は売りたい!

という方に「Kindle Paperwhite」のような電子書籍はオススメできないですね。

ただメリットでも紹介しますが、Kindle本の方が紙の本よりも安く買えるので ±0 ですね(笑)

画面の切り替えが遅い

Kindle Paperwhite」は、画面の切り替えが普通のタブレットやスマホに比べて遅いです。

購入してすぐに使わなくなる方の理由の大半は、「Kindle Paperwhite」のスピードの遅さです。

筆者も今となっては「Kindle Paperwhite」の切り替えのスピードに慣れましたが、初めは違和感がありましたね。

この点に関しては「慣れ」しか無いので、初めに違和感を覚えても最低でも1週間程は利用してみると良いですね。

ディスプレイが白黒

Kindle Paperwhite」のディスプレイは白黒です。

小説やビジネス書、白黒の漫画を読む分には全く問題は無いのですが、雑誌やカラーの漫画を読むのには適していません。

漫画や雑誌を読む場合は、PCやタブレット、スマホのアプリを使った方が良いですね。

所有欲が満たされない

本棚に本をたくさん並べるのは好きですか?

本棚

本棚に並んでいる本を眺めるのが好き!

という方に「Kindle Paperwhite」はオススメできませんね。

筆者もこのような本棚に憧れることもありますが、そんな広い部屋はないし、掃除は大変だし、紙の本は重いし、ということもあり「Kindle Paperwhite」を購入しました。

紙の本で所有欲を満たしたい、本棚に本をたくさん並べたい方に「Kindle Paperwhite」は向いていないですね。

Kindle Paperwhiteのメリット

ここまで「Kindle Paperwhite」のデメリットを見てきましたが、そんなデメリットどうでも良くなるくらいメリットがたくさんあります。

筆者が感じた「Kindle Paperwhite」のメリットは次の8つです。

メリット

① 軽い

② 目が全く疲れない

③ 読書以外の機能が無い

④ マーカー・メモができる

⑤ 分からない単語を辞書で調べられる

⑥ 充電持ちが良すぎる

⑦ 入浴中に読書ができる

⑧ 紙の本よりも安く買える

1つずつ見ていきましょう。

軽い

Kindle Paperwhite」の重量は次の通り。

Wi-FiWi-Fi + 4G
182g191g

iPhone11の重量が194g、iPhone12が162gなので、大体スマホと同じくらいって感じですね。

実際に持てば分かると思いますが、かなり軽く感じます。

Ryo

バックに入れてもかさばる心配なし!

「軽い」というのはよく持ち運ぶ人にとってかなり大きなメリットですね。

目が全く疲れない

タブレットとかスマホで電子書籍読むと目が疲れる...。

そんな時は「Kindle Paperwhite」の出番!

Kindle Paperwhite」はe-inkスクリーンを搭載しているので、全くと言っていいほど目が疲れないです。

e-inkとは?

e-inkとは、ディスプレイを紙のように表示する技術のこと。

バックライトを使わないために目に優しい。

Kindle Paperwhiteのディスプレイ
Kindle Paperwhiteのディスプレイ

Kindle Paperwhite」が家に届いて、机に置いといたら親が「紙かと思った!」とびっくりしていました(笑)

でも本当にそれくらい本物の紙にそっくりなんですよ。

Kindle Paperwhite」は目が疲れないので、寝る前に読んでも問題ありません!

読書以外の機能が無い

Kindle Paperwhite」には、メール機能やゲームはなく読書に必要な機能しか搭載されていません。

Ryo

一見、読書以外の機能が無いのはデメリットのように感じますよね?

しかし、読書以外の機能が搭載されていないということは通知は来ないし、他のことに気を取られることも無いんですよ。

Kindle Paperwhite」を使うことで、読書に集中することができます!

マーカー・メモができる

Kindle Paperwhiteでは、以下の画像のようにマーカーやメモができます。

kindle paperwhiteのマーカー機能とメモ機能

マーカーを引くと上の画像の赤で囲ったように背景が黒くなります。

マーカーやメモをするとその箇所に移動できたり、あとから簡単に見返すことができます。

紙の本だと書き込みにくいんだよね。

という方もKindle Paperwhite」を使えば好きなだけマーカー、メモができちゃいます。

分からない単語を辞書で調べられる

Kindle Paperwhite」では、単語を選択して辞書で調べることができます。

しかも、読書しているページから移動することなく検索できるのでかなり効率的です。

Ryo

この機能は個人的にとても気に入っていて、めちゃくちゃ多用しています(笑)

紙の本の場合は、いちいちスマホで調べるという手間がかかりますし、分からない単語があっても「めんどくさいから調べなくていいや。」ってなることも多かったんですよね。

しかし、「Kindle Paperwhite」にしてから分からない単語は必ず調べるようになりましたし、語彙力もかなり向上しました!

充電持ちが良すぎる

Kindle Paperwhite」は、充電持ちが抜群にいいです。

筆者は、1日に1~2時間ほど読書をしていますが、それでも1週間に1回の充電で全然余裕です。

これだけ充電持ちが良いのは次の2つによるものです。

・必要最低限の機能しか搭載されていない

・e-inkが使われている

外出先でも充電切れを心配する必要は無いので、安心ですね!

入浴中に読書ができる

Kindle Paperwhite」は防水機能を備えています。

そのため、入浴中も読書をすることができます。

特に冬は長い時間湯船に浸かる方を多いと思うので、暖まりながら読書、最高ですねー(笑)

時間を忘れてのぼせないように注意しなきゃですね!

紙の本よりも安く買える

Kindle本は、紙の本よりも格安で買うことができます。

本によって価格は異なりますが、『超習慣術』はKindle本の方が¥1000ほど安くなっています。

Amazonショッピング(超習慣術)

『夢をかなえるゾウ4』は、Kindle本の方が¥180ほど安いですね。

Amazonショッピング(夢を叶えるゾウ4)

このように筆者が見た中では全ての本が、Kindle本の方が紙の本よりも安いです。

そしてKindle本は定期的にキャンペーンやセールを行なっているため、かなりお得に購入することができます。

実際にKindle Paperwhiteを使った人のレビュー

ここでは「Kindle Paperwhite」を使っている方の口コミを見ていきます。

見ていきましょう。

Kindle Paperwhiteの悪いレビュー

https://twitter.com/topsider106/status/1334532345320275968
https://twitter.com/Study_Identity/status/1322119286668734464

悪い口コミをまとめるとこんな感じ。

① 反応が遅い

② 紙の本のように見たいページにサッと移動できない

③ 技術書には向かない

予想通りではありますが、「反応が遅い」という声が多かったですね。

反応が遅いということは、紙の本のように見たいページにサッと移動することも難しいです。

小説や漫画なら良いですが、見返すことが多い参考書や技術書を読む場合が少し不便ですね。

Kindle Paperwhiteの良いレビュー

良い口コミをまとめると次のような感じですね。

① 本物の紙を読んでいるようで目に優しい

② 本が邪魔にならない

③ 防水機能があるため入浴中に読める

④ さっと読めるから読書量が増える

特に「本物の紙みたい!」「目が疲れない!」という声が多く見られました。

紙の本はかさばるし置く場所も無いけど、スマホとかタブレットだと目が疲れるしなー...。

という方に「Kindle Paperwhite」はピッタリということですね。

そして、何と言っても軽く小さく薄いため持ち運びに便利!

しかも防水機能があるため入浴中にも本が読めるため、読書量が増えるという声も多く見られました。

Kindle Paperwhite」を使えば、忙しい方も読書量が増えること間違いなしですね!

Kindle Paperwhiteがオススメな人

Kindle Paperwhite」は次のような方にオススメ。

① 紙の本の置く場所に困っている

② 隙間時間を活用したい

③ スマホやタブレットで読んでいるけど目が疲れる

この中のどれか1つに当てはまっていたら、購入しても後悔することはないです。

効率的に読書をして知識を蓄えたり、様々な価値観に触れてみましょう!

Kindle Paperwhiteのまとめ

ここまで「Kindle Paperwhite」についてご紹介してきましたが、あなたも

Ryo

隙間時間で読書をして、どんどん知識を蓄えたり、新しいことを知りたくないですか?

Kindle Paperwhite」は以下のように読書に特化しています。

① 軽くて薄い

② 防水機能

③ いつでも購入してすぐに読める

④ 紙の本より安く買える

Kindle Paperwhite」を使って最高な読書ライフを送りましょう!

-Amazon, Kindle

© 2021 りょうの一歩! Powered by AFFINGER5