Amazon Fire TV Stick

【接戦?】Fire TV Stick 4KとChromecast with Google TVの比較

・Fire TV Stick 4KとChromecast with Google TVってどんな違いがあるの?

・どっちを買えば良いんだろう?

このような方に向けて書きました。

「Fire TV Stick 4K」と「Chromecast with Google TV」は、テレビに繋げることで動画配信サービスで映画を観たり、音楽を聴いたりすることができます。

この記事では、Fire TV Stick 4KとChromecast with Google TVを各項目で比較し、どんな違いがあるのかご紹介します。

どちらを買うべきか悩んでいる方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

4Kテレビを持っていない方は「Fire TV Stick」がオススメ

4K対応のディスプレイ持っていないです。

という方には、4K非対応の「Fire TV Stick(第3世代)」をオススメします。

「Fire TV Stick(第3世代)」は4K非対応なので、「Fire TV Stick 4K」「Chromecast with Google TV」に比べ安いです。

Fire TV Stick(第3世代)Fire TV Stick 4KChromecast with Google TV
価格4,980円6,980円7,600円
解像度フルHD(1080p)4K対応4K対応

でも、その他の機能面で劣るんじゃないの?

と心配になる方もいると思いますが、「Fire TV Stick 4K」と比べた場合、「4K対応かどうか」と「価格」以外で違いは無いんですよね。

ただ、Googleのサービスが好き、Googleのサービスで統一したいという方は「Chromecast with Google TV」を選択肢から消すことはできないですね。

なので、4Kディスプレイを持っていない人は基本的に「Fire TV Stick(第3世代)」、Googleのサービスが好きな人は「Chromecast with Google TV」も選択の余地があるという感じ。

Ryo

この後は、「Fire TV Stick 4K」と「Chromecast with Google TV」の比較をしていきます!

【Fire TV Stick 4K vs Chromecast with Google TV】料金

それでは、「Fire TV Stick 4K」と「Chromecast with Google TV」の比較に入っていきます。

まずは、一番気になるであろう価格から。

Fire TV Stick 4KChromecast with Google TV
価格6,980円7,600円
(Netflix6ヶ月分セット:11,200円)

価格に関しては、「Fire TV Stick 4K」の方が620円安いですね。

ただ「Chromecast with Google TV」には、Netflix6ヶ月分がついて11,200円という特殊なプランがあります。

このプランがどれだけおトクなのか、計算してみました。↓↓

Netflixスタンダードプラン:月額1,320円

Netflixに別で加入した場合

→ 1,320円 × 6(Netflix6ヶ月分)+ 7,600円(本体価格)= 15,520円

Netflix6ヶ月分セット

→ 11,200円

15,520円 - 11,200円 = 4,320円お得!

別でNetflixに加入するよりも4,320円安くなります。

Ryo

Netflixを観たいと思っている方には、かなりお得なプランですね!

とは言っても、価格だけではなく機能面、どんなことができるかも重要ですよね。

「Fire TV Stick 4K」と「Chromecast with Google TV」の価格以外の違いも見ていきましょう。

【Fire TV Stick 4K vs Chromecast with Google TV】対応アプリ

Fire TV Stick 4KChromecast with Google TV
アプリストアFire TVのアプリストアGoogle Playストア

ぶっちゃけ、「Fire TV Stick 4K」と「Chromecast with Google TV」の対応アプリに違いはほとんどありません。

どちらもPrime VideoやU-NEXT、hulu、Netflixなどの有名な動画配信サービスはほとんど網羅しています。

とても紹介しきれないので、以下から利用したいサービスが対応しているか確認してみてください。

動画配信サービスだけでなく、音楽配信サービスやゲームアプリも楽しむことができます。

Ryo

対応アプリで「Fire TV Stick 4K」と「Chromecast with Google TV」に違いはほとんどありませんし、共にかなりのアプリを網羅しています!

【Fire TV Stick 4K vs Chromecast with Google TV】解像度

「Fire TV Stick 4K」と「Chromecast with Google TV」の解像度を比較していきましょう。

Fire TV Stick 4KChromecast with Google TV
解像度4K、HDR対応4K、HDR対応

解像度に関しては、両者ともに全く同じで、違いはありませんね。

4K作品を視聴するには、4K対応ディスプレイが必要です。

Ryo

解像度に関しては、両者「引き分け」!

【Fire TV Stick 4K vs Chromecast with Google TV】音声操作

両者ともに、音声操作することができます。

Fire TV Stick 4KChromecast with Google TV
音声操作Alexa(アレクサ)Googleアシスタント

以下のボタンを押している間に、話しかけることで音声操作が可能。

Fire TV Stick 4Kのアレクサボタン
Chromecast with Google TVのGoogleアシスタントボタン

AlexaとGoogleアシスタントでできることは少し異なりますが、基本使い方は一緒で以下のような指示ができます。

「(作品名)観して」

「(曲の名前)流して」

「(時間)飛ばして/戻して」

「(アプリ名)開いて」

これはほんの一部にすぎませんが、本当に便利!

筆者は音声操作ばかり使うので、アレクサボタン以外を押すことがあまりないです。

Ryo

音声操作を考えた人天才です。笑

また、「Fire TV Stick 4K」はAmazon Echo、「Chromecast with Google TV」はGoogle Homeと連携することでハンズフリー操作が可能。

ハンズフリーとは?

リモコンでの音声操作

→ ボタンを押しながら、「洋楽ながして!」などの指示をする。

ハンズフリー

→ 指示の前に「アレクサ / OK、Google」などの言葉をプラスすることで、完全に声だけで操作できる。

例 ) 「アレクサ、洋楽ながして!」「OK、Google、洋楽ながして!」

このように、「Fire TV Stick 4K」と「Chromecast with Google TV」共に、音声操作にしっかりと対応しているのでこの点でもあまり大きな差は見られませんね。

【Fire TV Stick 4K vs Chromecast with Google TV】カラー

「Fire TV Stick 4K」と「Chromecast with Google TV」で用意されているカラーは下記の通り。

Fire TV Stick 4KChromecast with Google TV
カラーブラックホワイト、ピンク、水色

実際の色味はこんな感じです。(上からホワイト、ピンク、水色)

ピンクと水色がめちゃくちゃかわいい!笑

この色味は好きな人が多そうですね。

「Fire TV Stick 4K」はブラック一択ですが、「Chromecast with Google TV」ならかわいいカラーを選択できます。

Ryo

カラーに関しては、「Chromecast with Google TV」の完勝ですね!

【Fire TV Stick 4K vs Chromecast with Google TV】電源ポート

「Fire TV Stick 4K」と「Chromecast with Google TV」の電源は以下のようになっています。

Fire TV Stick 4KChromecast with Google TV
電源ポートMicro USBUSB Type-C

Micro USBとUSB Type-Cはそれぞれ以下のような形をしています。

Micro USBの窪み
Micro USB
USB Type-Cの窪み
USB Type-C
Micro USBを上から見た
Micro USB
USB Type-Cを上から見た
USB Type-C

Micro USBとUSB Type-Cのどっちが良いか一概には言えないですが、多くの人はUSB Type-Cの方が嬉しいのでは??(筆者もUSB Type-Cだと嬉しい。)

最近はUSB Type-Cが多いですし、今後は最も一般的になっていくはずです。

USB Type-Cで統一できれば、持ち運びの時なども楽ですしね。

iPhone用にLightningケーブル、パソコン用にUSB Type-C、モバイルバッテリー用にUSB Type-Aを持っていかなきゃ。

多すぎる...

なんてことになったら嫌ですよね。笑

ここに関しては、あなたの身の回りにあるケーブルの種類をみて考えると良いですね。

外出時に持ち運ぼうと思っている方は、ぜひ参考にして下さい!

【Fire TV Stick 4K vs Chromecast with Google TV】キャスト

キャストやミラーリングの比較をしていきます。

キャストとミラーリングの違い

キャスト
スマホやPCとテレビで別々のことをできる。
例) スマホでLINE、テレビで調べ物

ミラーリング
スマホやPCの画面と同じ画面がテレビに写る。
例) スマホでLINE、テレビもLINE

Fire TV Stick 4KChromecast with Google TV
キャスト非対応対応

「Chromecast with Google TV」は、スマホやPCのGoogleフォトやChromeを簡単にキャストすることができます。

大画面で写真を見たり、動画を視聴して楽しめます。

一方で「Fire TV Stick 4K」は、キャストには対応していませんが、ミラーリングは可能です。

無料の方法、有料アプリを購入してやる方法がありますが、無料の方法は上手くいかないことが多いのと広告が入るためオススメできません。

Ryo

ミラーリングやキャストを頻繁に利用したい方には、「Chromecast with Google TV」をオススメします。

【Fire TV Stick 4K vs Chromecast with Google TV】まとめ

ここまで、「Fire TV Stick 4K」と「Chromecast with Google TV」を比較し、違いを見てきました。

ということで、最後に確認しましょう。

「料金」
Fire TV Stick 4K
→ 6,980円
Chromecast with Google TV
→ 7,600円

 

「対応アプリ」
Fire TV Stick 4K
→ Fire TV のアプリストア
Chromecast with Google TV
→ Google Playストア

 

「解像度」
Fire TV Stick 4K
→ 4K、HDR対応
Chromecast with Google TV
→ 4K、HDR対応

 

「音声操作」
Fire TV Stick 4K
→ アレクサ
Chromecast with Google TV
→ Googleアシスタント

 

「カラー」
Fire TV Stick 4K
→ ブラック
Chromecast with Google TV
→ ホワイト、ピンク、水色

 

「電源ポート」
Fire TV Stick 4K
→ Micro USB
Chromecast with Google TV
→ USB Type-C

 

「キャスト」
Fire TV Stick 4K
→ ミラーリングはできるが、使いずらい
Chromecast with Google TV
→ キャストもミラーリングも可能。使いやすい

筆者は、キャストやミラーリングもしないですし、カラーにもこだわりが無いのでより安い「Fire TV Stick 4K」を選びます。

ただ、キャストやミラーリングを頻繁に使う人、Googleのサービスが好きな人は「Chromecast with Google TV」一択ですね。

Ryo

最後は、あなたの用途や環境を考慮した上で好きな方を選びましょう!

参考にして頂けると幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございます!

-Amazon, Fire TV Stick