【電子書籍メリット・デメリット】紙の本より優れているのか?

Amazon Kindle

【電子書籍メリット・デメリット】紙の本より優れているのか?

・電子書籍ってどんな良い点・悪い点があるの?

・紙の本と電子書籍どっちが良いの?

本記事はこのような方に向けて書きました。

近年急速に電子書籍が普及してきて、興味が出てきた方も多いのではないでしょうか?

そしてその中には、以下のような悩みがあってこの記事を見ていただいた方もいるかも知れません。

  • 紙の本を保管する場所がない
  • 持ち運びのが重い

結論、電子書籍ならこれらの悩みを解決することができます。

しかし、電子書籍には良い面だけでなく、デメリットもあります。

ということで今回は、電子書籍のメリット・デメリットや電子書籍の始め方などを詳しくご紹介していきます

それでは記事の内容を見ていきましょう。

【電子書籍】デメリット6つ

電子書籍のメリットをご紹介する前に、以下の6つのデメリットについて解説していきます。

電子書籍にもデメリットはあるから、注意して見ていこう。

Ryo

順番に見ていきましょう。

① 所有欲が満たされない

下の写真のように、本がたくさん並んでいるのを眺めるのが好きな方は多いはず。

少し前までは、こんな本棚にあこがれていたな〜。

Ryo

当たり前ではありますが、電子書籍はただのデータということもあり実物を見たり、触ることができません。

また、電子書籍の場合はスマホや電子書籍リーダーが本棚の役割を果たすので、本棚に本が並ぶこともありません。

これらの理由から電子書籍は、紙の本に比べて本を所有しているという感覚が薄れてしまいます。

本棚に本を並ベて所有している感覚を味わいたい、コレクションしたいという方に電子書籍はあまりオススメできませんね。

② 中古で本を売買できない

電子書籍は紙の本のように、読み終わったら中古として売ってお金に換えることができません。

また、中古の本を安く買うこともできないですね。

えー、じゃあ電子書籍は毎回定価で買わなきゃダメなの?

と思うかもしれませんが、電子書籍は「ビジネス書最大50%OFFキャンペーン」「小説最大70%OFFキャンペーン」みたいな感じのセールを頻繁に行なっています。

さらに新品の紙の本と電子書籍で比べた場合、ほぼ100%電子書籍の方が安く買えます。

なので、電子書籍に「中古」が無いから、紙の本より安く買えないということではありません。

どちらかと言うと、「中古」で売れないことが欠点だね。

Ryo

③ 目が疲れる

電子書籍は目が疲れるし、目に悪いからヤダ!

確かにスマホやタブレット、PCのようなデバイスで読めば目が疲れてしまいます。

しかし、読書のために作られた「電子書籍リーダー」で読書をすれば目が疲れることはありません。

なぜなら、以下のような特徴があるから。

  • ディスプレイを照らすだけで、目に光を当てない
  • 本物の紙のようなディスプレイ

スマホやタブレットで読む場合は、「目が疲れる」というデメリットがありますが、電子書籍リーダーを利用すればそのような心配はいりません。

④ 充電切れしたら読めない

外出先でスマホや電子書籍リーダーの充電が底をついたら、当然読書もできなくなります。

ただ、電子書籍リーダーには読書の機能しかないので、一回の充電で数週間使えるため心配はいりません。

一方で、スマホやタブレットはSNSやゲーム、調べ物でも使うので充電の持ちはあまり良くないです。

スマホやタブレットで電子書籍を読む場合は、ポータブル充電器を持ち歩くと安心です!

対策ができるとはいえ、外で読めなくなる可能性があることは電子書籍のデメリットですね。

⑤ パラパラできない

電子書籍の場合は以下の写真のように、パラパラできません

パラパラできないことのデメリットには、以下のようなことが挙げられます。

  • 目的のページを見つけにくい
  • 全体像を把握しにく

やはり、パラパラできるというのは紙の本の特権でもありますね。

⑥ 電子書籍になっていない本もある

紙の本としては販売されているが、電子書籍としては販売されていない本があります。

電子書籍は近年になって勢いが出てきたということもあり、全ての本には対応できていません。

ただ、有名な本であれば電子書籍に対応していますし、今後出版される書籍のほとんどは電子書籍版もあるでしょう。

電子書籍も売らないと厳しい時代になってきているよね。

Ryo

とは言っても、マニアックな本や専門性の高い本の場合は、紙の本しかない可能性があるので注意しましょう。

【電子書籍】メリット8つ

電子書籍には、デメリットよりもメリットの方が多くあります。

私が思うメリットは以下の8つです。

順番に見ていきましょう。

① 本棚が不要

私にとっての本棚は、電子書籍リーダーの「Kindle Paperwhite」です。

Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite

このように、電子書籍ならスマホや電子書籍リーダー自体が本棚になるので、「本の置き場所がない問題」ともおさらばできます。

私も電子書籍を買うまでは、

  • クローゼットに本がある
  • 床に積み上げられている
  • どこにどの本があるか分からない

という始末でした。

しかし、電子書籍をメインで読むようになったら、次のような感じなりました。

  • 本が増えない
  • ほとんどの本がKindleにあるから探す手間はない
  • 部屋がキレイ

電子書籍にして、かなりストレスが減ったよ。笑

Ryo

電子書籍にして本棚が不要になるだけでも、多くのメリットがありますね!

② かさばらない

電子書籍ならスマホで読めるので、紙の本のように余計な荷物が増えなくて済みます。

そして、電子書籍リーダーを持ち運ぶ場合も、一般的な書籍に比べて小さく軽いので全くかさばりません。

Kindle Paperwhite182g
iPhone11194g
500mlペットボトル500g
紙の本とKindle Paperwhiteの大きさ比較
『メモの魔力』と「Kindle Paperwhite」の大きさ
紙の本とKindle Paperwhiteの厚さ比較
『メモの魔力』と「Kindle Paperwhite」の厚さ

しかもこの「薄さ・小ささ・軽さ」にも関わらず、本棚を持ち歩いているようなものですからね。

生活がかなりスマートになるね!

Ryo

スマホで読むなら追加の荷物は一切不要ですし、電子書籍リーダーを持ち歩くとしても軽く、小さく、薄いのかさばりません。

③ 買いたい時にすぐ買える

電子書籍なら、「真夜中・早朝・電車の中」どこにいても読みたい本をポチってすぐに読み始めることができます。

漫画のように発売が待ち遠しいものも、発売日になった瞬間に買って読めます。

紙の本の場合は、

  • 本屋に行く
  • 通販で買って届くまで数日待つ

という感じで、「読みたい!」と思ってもすぐに読み始めることはできないですよね。

目当ての本を求めて何件も本屋をはしごしたこともあったな...。

Ryo

電子書籍なら何時でも、どこにいても、読みたいときに本を買って読むことができます!

④ 紙の本より安く買える

電子書籍は基本的に、紙の本よりも安く購入することができます。

Kindleストアは頻繁にセールを行っていて、紙の本の30%~50%の価格で買えることも全く珍しくありません。

通常価格でも(全部とは言い切れませんが)、私が確認した全ての本は電子書籍の方が安かったですね。

気になる方はKindleストアで確認してみてください。

本を新品で買うことが多い方なら、確実に電子書籍の方がお得に買うことができるのでオススメです!

⑤ 入浴中も読書できる

防水機能つきのKindle端末を使えば、入浴中でも読書を楽しむことができます。

入浴中に読書することの主なメリットは以下の3つです。

  • スキマ時間を有効活用できる
  • 入浴することが体にいい
  • リラックスできる

紙の本だと、当たり前ですが紙がビショビショになって読書なんてできないですよね。

一度お風呂での読書を試してみてください。

人によってはかなりハマると思うよ!

Ryo
【お風呂で読書!?】Kindle端末を使えば実現可能です

続きを見る

⑥ 本を汚しまくれる

本にマーカーとか線を引いて、汚すのは抵抗あるんだよな〜。

という方も、電子書籍ならマーカーを引いたりメモをすることが抵抗なくできるはず。

なぜなら、何回でも消せる上に、紙の本のように「中古」として売ることもないですよね。

というか、電子書籍に「汚れる」なんて概念はないですね。笑

Ryo

スマホでマーカーを引いた場合は、こんな感じ。

kindleのマーカー

重要な文章にマーカーを引いておけば、その箇所にすぐ移動できるのでとても便利です。

しおりを挟んでおく機能もあるので、重要だと思った箇所にはマーカーを引いたり、しおりを挟んであとで見返しやすいようにしておくと良いですね。

⑦ 画面を移動せず単語の意味を検索できる

電子書籍なら、以下のように単語の意味を読書ページから移動することなく調べられます。

紙の本だと、スマホを開かなきゃいけないので正直めんどくさいですよね。

ましてや、電車に乗っているときなんか調べるのも一苦労。

めんどくさくて意味を調べないことが多かったな...。

Ryo

しかし、電子書籍なら単語を選択するだけなので本当に便利ですし、積極的に意味を調べるようになります。

画面を移動せずに単語の意味を調べられるのは、個人的に感動した機能No.1です。笑

⑧ 読み放題サービスが豊富にある

電子書籍には、数多くの読み放題サービスがあるのが特徴です。

月額料金(税込)作品数
Kindle Unlimited980円書籍200万冊以上
(雑誌・マンガ含む)
楽天マガジン380円雑誌500誌以上
dマガジン440円雑誌500誌以上
ブック放題550円マンガ30,000冊以上
雑誌350誌以上
シーモアライト:780円
フル:1,480円
ライト:30,000冊以上
フル:70,000冊以上

月額料金を払うことで、雑誌やマンガ、小説、ビジネス本などが読み放題になります。

これは紙の本ではできないことで、電子書籍ならではなので大きなメリットと言えますね。

ほぼ全てのサービスで無料体験ができるので、ぜひ試してみてください。

電子書籍がオススメな人

電子書籍は以下のような方にオススメです。

電子書籍がオススメな人

  • 本の置き場所に困っている
  • 外でも色々な本を読みたい
  • 本に書き込みをしたり、汚すのに抵抗がある
  • 好きな時に買って本を読みたい

上記のどれか1つに該当する方は、一度電子書籍にチャレンジすることをオススメします。

やはり電子書籍を使うようになると、いつどんな時でも読書ができますし、読みたい本は購入後すぐに読めます。

荷物を増やしたくないスマートに生活したい方は電子書籍を一度手にとってみてください!

紙の本がオススメな人

次に電子書籍がオススメできない方、紙の本がオススメな方をご紹介します。

紙の本がオススメな人

  • 本棚に本を並べたい
  • 中古で本を買いたい、売りたい
  • パラパラしてすぐに見返した

上記のどれかに該当する方には、紙の本がオススメです。

本棚に本を並べたい気持ちはめちゃくちゃ分かる!笑

Ryo

ただ、電子書籍を触ったことがない方は1週間、1ヶ月くらいでいいので、試しに利用してみることをオススメします。

私も「読書は紙の本だろ!」と思っていましたが、本を置く場所に困ったことがきっかけで電子書籍を読み始めました。

そしたら電子書籍の便利さに驚き、今では電子書籍メインで読書しているほどです。

物は試しです。ぜひ一度電子書籍を使ってみてください!

電子書籍を読み始める手順

電子書籍に興味を持ってくれた方もいると思うので、電子書籍を読み始める手順をご紹介していきますね。

電子書籍を読み始める手順

① 電子書籍ストアにアクセスする

② 電子書籍を購入する

③ アプリをダウンロードし、読書開始!

電子書籍ストアは数多くありますが、その中でも多くの方にオススメできるのが「Kindleストア」になります。

「Kindleストア」は、Amazonの電子書籍ストアで聞いたことがある方も多いはず!

Ryo

作品数は200万冊以上と電子書籍ストアの中でも圧倒的で、頻繁にセールを行なっているためかなり安く買うこともできます。

また、取り扱いジャンルが漫画だけ、雑誌だけというサービスがある中で「Kindleストア」は全てのジャンルを満遍なく網羅しています。

そのため、多くの方にオススメできるという訳ですね。

「Kindleストア」で読みたい電子書籍を購入したら、あとは以下のアプリをダウンロードして読書を開始するだけです!

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

電子書籍デビューしちゃいましょう!

Ryo

電子書籍を読むなら「Kindle Paperwhite」

スマホだと目が疲れるから、電子書籍リーダーが欲しい!

という方にイチオシの電子書籍リーダーは、「Kindle Paperwhite」です。

「電子書籍リーダーと言えば、Kindle Paperwhite!」みたいなところはありますし、私も実際に使っているので自信を持ってオススメできます。

特徴的な点として、以下の5つが挙げられます。

  • 本物の紙のようなディスプレイ
  • 目が疲れない
  • 読書の機能しかないので集中できる
  • 充電が何週間も持つ
  • お風呂で読書できる

「Kindle Paperwhite」は、本物の紙のようなディスプレイをしているため、長時間読書していても目が疲れません。

Eメールやプッシュ通知などの読書に妨げになる機能はなく、物語の世界に没頭できます。直接目を照らさないフロントライト方式で、目に優しく、実際のインクを使用しているため、紙の本と同じようにくっきりとした美しい文字を表示します。

引用元:Amazonショッピング(Kindle Paperwhite)

実際のディスプレイはこんな感じです。(画像だと分かりにくいと思いますが...。)

Kindle Paperwhiteのディスプレイは本物の紙のよう

読書以外の機能がない、ディスプレイから光が出ていないということもあり、充電の持ちが異常に良いです。

1日1~2時間の利用なら、約2週間くらいは充電しないで使い続けられます。

このような特徴がある「Kindle Paperwhite」を買って私の生活は、

  • 荷物が減る(かさばらない)
  • 部屋に本が散乱しない
  • 読書量が増える

と、良いことづくめです。笑

電子書籍リーダーを買おうか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

【Kindle Paperwhiteレビュー】読書好きには最強のデバイス!

続きを見る

【無料で電子書籍を試したい方へ】「Kindle Unlimited」を使って見よう

引用元:Kindle Unlimited公式サイト

電子書籍を試してみたいけど、無料で読む方法は無いのかな?

という方にオススメなのが、Kindleストアの対象作品が読み放題になる「Kindle Unlimited」です。

「Kindle Unlimited」をオススメする理由は以下の3つです。

  • ジャンルが豊富
  • 作品数が圧倒的に多い
  • 30日間無料体験ができる

下の表で分かるように「Kindle Unlimited」は作品数が圧倒的に多く、小説、ビジネス書、漫画、雑誌の全ジャンルを網羅しています。

作品数
Kindle Unlimited書籍200万冊以上
(雑誌・マンガ含む)
楽天マガジン雑誌500誌以上
dマガジン雑誌500誌以上
ブック放題マンガ30,000冊以上
雑誌350誌以上
シーモアライト:30,000冊以上
フル:70,000冊以上

そのため、電子書籍があなたに合うかどうかだけでなく、どのジャンルが電子書籍に適しているのかも同時に知ることができます。

最初は、電子書籍があなたに合うか分からないと思うので、「Kindle Unlimited」の30日間無料体験で色々なジャンルの本を読み漁ってみてください。

きっと、電子書籍が合うか合わないか分かってくるはずです。

登録はこちらから → Kindle Unlimitedの30日間無料体験

【安すぎない?】Kindle Unlimitedキャンペーン情報

続きを見る

【まとめ】電子書籍のメリット・デメリット

電子書籍のメリット・デメリットを最後に確認しましょう。

電子書籍のメリット8つ

  • 本棚が不要
  • かさばらない
  • 買いたい時にすぐ買える
  • 紙の本より安い
  • 入浴中も読書できる
  • 本を汚しまくれる
  • 単語の意味を簡単に調べられる
  • 読み放題サービスが豊富

電子書籍のデメリット6つ

  • 所有欲が満たされない
  • 中古で本を売買できない
  • 目が疲れる
  • 充電切れしたら読めない
  • パラパラできない
  • 電子書籍になっていない本もある

 

個人的には、読みたい時に買えてかさばらない電子書籍がオススメですが、全ての方にオススメできるわけではありません。

電子書籍のメリット・デメリットをしっかりと理解した上で、自分にはどちらが合っているか考えてみてください。

ただ、電子書籍だけ、紙の本だけのようにどちらか一本に絞る必要は全然ありません。

専門書や学習本は見返すことも多いので紙の本で、小説などは電子書籍で読むみたいな感じで使い分けていくのが良いでしょう。

最後に一言、

あまり難しく考えず、ちょってでも興味があれば電子書籍を試してみてください!

Ryo

電子書籍200万冊以上が読み放題 → Kindle Unlimitedの30日間無料体験

-Amazon, Kindle

© 2021 りょうの一歩! Powered by AFFINGER5