Clipyの使い方。Macで複数同時にコピーが可能に!

Mac

Clipyの使い方。Macで複数同時にコピーが可能に!

・Macで1つずつしかコピーできないの不便...

・他のコピーしちゃったからさっきのもう1回コピーしなきゃ貼り付けられない...

今回の記事は、上のようなことで悩んでいる方に向けて書きました。

筆者も同じような悩みを抱えているときに、色々調べていたらこの「Clipy」に出会ったという訳です。

そんな「Clipy」を使えば、以下のようなことが実現できます。

✔︎ 1度コピーしたら履歴に残るので、いつでも貼り付け可能

✔︎ よく使う文章や文字列を登録すれば、いつでも1秒で貼り付け可能

初めて「Clipy」を使ったときは、今までの悩みが一瞬で解決したから感動したね!

Ryo

そこで本記事では、「Clipy」のダウンロード&インストール方法から使い方、おすすめ設定まで画像を使って分かりやすく解説していきます。

この記事を読めば「Clipy」を使いこなせるようになるので参考にしてみてください!

「Clipy」で出来ること2つ

引用元:Clipy

まず始めに、「Clipy」で出来ること2つを簡単に解説していきます。

「Clipy」は以下の2つのことが出来ます。

  1. 複数のコピーを履歴として保存できる
  2. スニペット(定型文)を登録できる

順番に解説していきます。

【出来ること①】複数のコピーを履歴として保存できる

「Clipy」を使えば、複数のコピーを履歴として保存でき、その履歴にある文章や文字列を好きな箇所に貼り付けられます。

実際にコピーした文章の履歴が以下の画像。

「Clipy」をインストールしておけば、コピーしたものは上の画像のように履歴として保存され、この履歴からいつでも貼り付けができます。

文章だけでなくURLや画像、アイコン、PDFも保存できます。

普通は1つしかコピーしておけないけど、「Clipy」なら何個でもいけるよ!

Ryo

【出来ること②】スニペット(定型文)を登録できる

「Clipy」を使えば、頻繁に使う文章や文字列をスニペットとして登録し、必要なときに瞬時に貼り付けが可能です。

以下のようなものをスニペットとして登録しておくと便利ですね。

  • メールアドレス
  • SNSでよく使う文章
  • メールのテンプレート

使用頻度の高い文章や文字列をスニペットに登録しておくと、毎回入力する手間が省けるので便利です。

具体的な使い方は後ほど解説するよ!

Ryo

Clipyのダウンロード&インストール方法

ここでは、Clipyのダウンロード&インストール方法を画像を使って解説していきます。

ダウンロード → インターネット上にあるコンテンツをスマホやPCにコピーすること

インストール → コンテンツをスマホやPCで利用できるようにすること

step
1
Clipy公式サイトにアクセスし、「Download」をクリックします。

Clipy公式サイトにアクセスすると以下のような画面が表示されます。

Clipy公式サイトにアクセスし、「Download」をクリック

step
2
画面左下に表示されているダウンロードファイルをクリック。

画面左下の「Clipy.app」をクリック

step
3
「Clipy.app」をアプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップします。

これであなたのアプリケーションフォルダに「Clipy」がインストールされました。

「Clipy.app」をアプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップ

step
4
Finderのアプリケーションフォルダにある「Clipy」をダブルクリックします。

ダブルクリックして開こうとすると以下のようなメッセージが表示されるので、「開く」を選択しましょう。

インターネットからダウンロードしたアプリは全て、初めて開くときに以下のメッセージが表示されます。

ダブルクリックして開こうとすると以下のようなメッセージが表示されるので、「開く」を選択

step
5
画面右上のメニューバーに「Clipy」のアイコンが表示されれば、使う準備は完了です!

画面右上のメニューバーに「Clipy」のアイコンが表示されれば、使う準備は完了

Clipyのおすすめ設定

Clipyのダウンロード&インストールが完了して、使う準備が整ったら設定をしていきましょう。

設定画面は画面右上の「Clipyアイコン」→「環境設定」の順にクリックすれば開けるよ!

Ryo

ここでは以下5つの設定項目について解説していきます。

Clipyの設定画面
  1. 一般
  2. メニュー
  3. 対応形式
  4. ショートカット
  5. アップデート

順番に見ていきましょう。

【Clipyのおすすめ設定①】一般

以下の赤枠で囲った部分は全てチェックを入れておきましょう。

赤枠で囲った部分は全てチェックを入れる

✔︎「ログイン時に起動」

→ チェックを入れておくと、パソコンログイン時に自動的にClipyが起動します。

✔︎「メニュー項目選択後に"command + V"を入力」

→ チェックを入れておくと、履歴上の文章をクリックするだけで簡単に貼り付けできるようになります。

次に、記憶する履歴の数を「25~40」くらいに設定しておきましょう。

記憶する履歴の数を「25~40」くらいに設定しておく

ここの数字が少ないと、同時に残せる履歴も少なくなるので不便です。

これで「一般」項目の設定は完了!

Ryo

【Clipyのおすすめ設定②】メニュー

「メニュー」ではClipyの細かい設定ができます。

筆者の設定は以下のようになっていて、特に重要な箇所は赤枠で囲っています。

赤枠以外の部分はあまり使い勝手に影響しないよ!

Ryo
Clipyのメニュー項目

✔︎ まずは、「メニューに表示する文字数」を40~50文字に設定しましょう。

「メニューに表示する文字数」を少なく設定した場合、文章の初めの方しか表示されないためかなり見にくくなります。

「メニューに表示する文字数」を少なく設定した場合、文章の初めの方しか表示されない

一方で「メニューに表示する文字数」を多く設定すると、文字数の多い文章でもしっかりと確認できるようになります。

「メニューに表示する文字数」を多く設定すると、文字数の多い文章でもしっかりと確認できる

✔︎ 次に「履歴をクリアするメニュー項目を追加」にチェックを入れておきましょう。

チェックを入れておくと「履歴をクリア」という項目で履歴をリセットできるようになります。

チェックを入れておくと「履歴をクリア」という項目で履歴をリセットできる

「履歴をクリアするメニュー項目を追加」にチェックを入れないと、履歴をクリアできなくなるので注意!

その他の項目については、使っていくなかで自由にカスタマイズしていこう!

Ryo

【Clipyのおすすめ設定③】対応形式

ここではクリップボードに保存できる形式の選択ができるよ!

Ryo

筆者は全てにチェックを入れています。

もし保存したくないものがある場合はチェックを外しておきましょう。

Clipyの対応形式

【Clipyのおすすめ設定④】ショートカット

ここではClipyのショートカットを設定できる!

Ryo

ショートカットの設定は基本的にいじる必要はありません。

他のショートカットと被る場合は変更しておきましょう。

Clipyのショートカット編集画面
記号意味
⬆︎shift
control
option
command

ショートカットを覚えると作業効率が格段にUPするので、必ず使えるようにしていきましょう。

特に「メイン」と「履歴」は使用頻度が高いので最初から使うように意識して、早めに習得しておくのが理想です。

【Clipyのおすすめ設定⑤】アップデート

「アップデートを自動的にチェック」にチェックを入れ、確認する頻度は「毎週」にしておくのがオススメです。

Clipyのアップデート設定画面

そんな頻繁にアップデートが来ることはないので、確認頻度を「毎日」にする必要はないです。

頻度は「絶対これ!」というのはないけど「毎週」がちょうどいいね!

Ryo

【Clipyの使い方①】 コピー&ペースト

Clipyを使ってコピー&ペーストする方法をご紹介していきます。

step
1
文章や文字列を複数同時にコピーする。

以下のような4つの文章を一気にコピーするとします。

step
2
Clipyの履歴から好きなところにペーストする。

履歴のショートカットキー(初期設定のままなら「command+control+V」)もしくは画面右上のClipyアイコンからコピーした文章の履歴を確認できます。

Clipyを使えばこんな感じでコピーした履歴が保存されているよ!

Ryo

履歴の中から文章を選択すると以下のようにペーストされます。

Clipyを経由せず、普通に張り付きをした場合は履歴の一番上にあるものがペーストされます。

【Clipyの使い方②】スニペット

スニペットを活用すると、よく使う文章やメールアドレスをいちいち入力することなく、一瞬で貼り付けられるようになります。

さっそく使い方を解説していきますね。

step
1
スニペット編集画面にアクセス

ディスプレイ右上にあるClipyアイコンの「スニペットを編集」をクリックし、以下のような画面を開きましょう。

Clipyのスニペット編集画面
スニペット編集画面

step
2
スニペットの追加

「フォルダ追加」→「スニペット追加」の順にクリックすると、「untitled folder」の中に「untitled snippet」が作成されます。

「フォルダ追加」→「スニペット追加」の順にクリックすると、「untitled folder」の中に「untitled snippet」が作成される
「フォルダ追加」→「スニペット追加」の順にクリック

「untitled folder」「untitled snippet」どちらもダブルクリックすると名前を変更できるので、ここではそれぞれ「メールアドレス」「仕事用メールアドレス」とします。

名前は好きなように付けてください。

「メールアドレス」の中に「仕事用メールアドレス」というスニペットを作る

そして「仕事用メールアドレス」に「abc@job.com」というスニペットを追加します。

「仕事用メールアドレス」に「abc@job.com」というスニペットを追加

step
3
スニペットを活用する

最後に、作成したスニペットを活用していきます。

wordやメモなどの文字を入力できるページで、スニペットのショートカットキーを押します。

スニペットのショートカットが初期設定のままなら「optionをダブルタップ」だよ!

Ryo

すると先ほど作成したスニペットが表示されるので、「仕事用メールアドレス」をクリックします。

スニペットの「仕事用メールアドレス」をクリック

すると、以下のように「abc@job.com」が自動的に入力されます。

「abc@job.com」が自動的に入力される

このように、よく使う文章や文字列をスニペットとして登録しておけば、簡単に入力できるのでぜひ活用してみてください!

【まとめ】Clipyの使い方

まとめ

本記事では「Clipy」のダウンロード&インストール方法から使い方を解説してきました。

要点をまとめておきます。

  • Clipyを使うとコピーした文章を複数履歴として残し、
  • その履歴から貼り付けができる。
  • スニペット(定型文)を登録することも可能。

「Clipy」を利用すれば、Macでの作業効率が格段にUPするのでぜひ使ってみてください。

ご覧いただきありがとうございます!

Ryo

-Mac

© 2021 りょうの一歩! Powered by AFFINGER5