Amazon

【Audibleの評判・口コミは?】デメリットも正直に言います!

・「Audible」の評判ってどうなの?

・「Audible」を使った感想が知りたい!

本記事はこのような方に向けて書きました。

最近少しずつ世間に知られ始めている「Audible」

「本は文字を読まないと意味ないだろ!」と思っている方はまだ多いでしょうし、私もその一員でした。

しかし、「Audible」には音声を聴くからこその良い点がたくさんありました!

ということで今回は、「Audible」を使ってみた正直な感想と、他のユーザーの口コミをご紹介します!

記事の内容

・「Audible」とは?

・「Audible」のメリット・デメリット

・「Audible」の口コミ

・「Audible」の登録・解約方法

この記事を見れば「Audible」の良さ、そしてまだまだだなーという点も分かるのでぜひ最後までご覧下さい。

それでは記事の内容を見ていきましょう。

Audible とはどんなサービス?

Audibleとは?

「Audible」とは、Amazonが提供するサービス。

声優や俳優、ナレーターの声で本を「聴く」ことができる。

そして、「Audible」の詳細は以下のようになっています。

サービス名Audible
利用料金¥1,500 / 月
タイトル数40万冊以上
無料体験30日間無料体験可能
主要特典・毎月1コイン貰える
・毎月ボーナスタイトル1冊を無料で貰える
・ポッドキャスト聴き放題
その他の特典・30%OFFでオーディオブックを購入可能
・購入したオーディオブックは退会後も聴ける
・返品・交換ができる

「Audible」の会員になると毎月1コイン貰えるのですが、このコイン1つとお好きなオーディオブック1冊を交換することができます。

そして毎月変わるボーナスタイトル1冊も無料でもらうことができます。(2020年11月は「下町ロケット」)

ということで、毎月オーディオブックが2冊無料で貰えるということになります!

関連記事

「Audible」の会員特典についてはAudibleの会員特典、無料体験の登録方法をご紹介で詳しくご紹介しています。

実際に使って感じたAudibleのメリット

ここでは、Audibleを実際に使用してみて感じたメリットをご紹介していきます。

私が感じたメリットは以下の5つです。

Audibleのメリット

・朗読を「聴く」ため感情が伝わってくる

・ラインナップが豊富

・解約しても購入したオーディオブックはそのまま聴ける

・普通は読書ができない状況でも「聴く」ことができる

・返品・交換ができる

1つずつ見ていきましょう。

朗読を「聴く」ため感情が伝わってくる

「Audible」では、声優や俳優、プロのナレーターの声で本を聴きます。

重要な部分は強調して読んでくれたり、登場人物によって声も変えてくれます。

そのため、小説などは特に感情がリアルに伝わってくるため、聴いていてドキドキしたり緊張することもよくあります。

ラインナップが豊富

「Audible」はラインナップがとても豊富で、どのジャンルの本もまんべんなく揃えています。

40万冊以上のラインナップのほんの少しをご紹介します。

Audible小説の人気タイトル
小説の人気タイトル
Audible社会・政治の人気タイトル
社会・政治の人気タイトル
Audibleライトノベルの人気タイトル
ライトノベルの人気タイトル
Audibleオススメタイトル
オススメタイトル

全てのオーディオブックは、価格に関係なく毎月貰える1コインと交換することができます。

もちろん今紹介したオーディオブックも例外ではありません。

Ryo

ベストセラー作品や有名な作品は、ほぼ全部揃っていると言っても過言じゃないくらい豊富ですよ!

私がこの本が欲しいなーと思って探しても基本全て見つかりますね。

「Audible」はラインナップに関しては全く問題なし!

30日間無料体験はこちら

解約しても購入したオーディオブックはそのまま聴ける

「Audible」では会員を解約しても、購入したオーディオブック、コインと交換したオーディオブックをずっと聴き続けることができます。

簡単に言うと、オーディオブックを手に入れた時点で「あなたの物」になるということですね。

注意!

ただし解約すると、会員特典と持っているコインは全て失うことになります。

解約する前に、忘れずに全てのコインを使い切りましょう!

普通は読書ができない状況でも「聴く」ことができる

「Audible」を利用すれば、普通なら読書ができない状況でも「聴く」ことができます。

次のような状況で「Audible」は最大の効力を発揮します。

・歩いているとき

・洗濯しているとき

・お風呂に入っているとき

・ご飯を食べているとき

このような状況では、紙やKindle端末で読書することは出来ません。

しかし、耳だけは使っていない状況なので「聴く」ことだけはできますよね。

忙しくてなかなか本を読む時間が取れない方、少しでも多くインプットをしたい方に「Audible」はうってつけであると言えますね!

Ryo

少しのスキマ時間も無駄にしないで、他の人よりどんどん成長しましょう!

返品・交換ができる

「Audible」では、購入したオーディオブック、もしくはコインと交換したオーディオブックを購入日から365日以内なら返品・交換ができます。

次のような時も安心!

・ナレーターの声が合わない。

・オーディオブックの内容が思っていたのと違う。

・間違って購入してしまった。

Ryo

「Audible」なら返品・交換が簡単にできるので安心して購入することができますね!

しかし、むやみやたらに返品や交換するのは危険!

会員特典が停止されたり、「Audible」からお問い合わせが来ることがあるので、本当に必要な時にだけ利用するように注意しましょう。

30日間無料体験はこちら

実際に使って感じたAudibleのデメリット

デメリット

メリットだけを言っていてもしょうがないので、実際に利用して感じたデメリットも正直にご紹介していきます。

私が感じたデメリットは以下の3つですね。

Audibleのデメリット

・利用料金が¥1,500 / 月と少々高い

・紙やKindle端末と違ってマーカー、メモができない

・文字が見えないため見返すことが難しい

1つずつ見ていきましょう。

利用料金が¥1,500 / 月と少々高い

「Audible」の利用料金は¥1,500 / 月に設定されています。

もちろん、全ての人がこの利用料金を高いと感じるとは限りません。

Ryo

私は大学生でお金に余裕があるわけでは無いので、¥1,500 / 月は少し高いなと感じましたね。

これは私だけでなく学生の方ならほとんどの方が感じると思います。

ただ使ってみて、あなたにとって¥1,500 / 月もしくはそれ以上の価値を見いだせるサービスである可能性もあるので、ぜひ無料体験を利用してみて下さい!

30日間無料体験はこちら

紙やKindle端末と違ってマーカー、メモができない

・大事だと思う箇所にマーカーができない

・紙の本やKindle端末のようにメモができない

「Audible」では下のような再生画面が表示されますが、文字は一切表示されません。

Audible再生画面
「Audible」再生画面

そのため、重要だと思う文章にマーカーを引くこともメモすることもできません。

そのため「Audible」は、マーカーやメモが必要ない小説に向いているなと個人的には感じました。

Ryo

本のジャンルによって「Audible」で「聴く」か、紙の本やKindle端末で「読む」かで使い分けるといいですね!

文字が見えないため見返すことが難しい

音声しか無いため、特定の箇所に戻って見返すことが難しい

読書をしている時に、「この登場人物はどんな人だったかな?」「あの部分にはどんなことが書いてあったかな?」と思うことありますよね?

そのような場合、「Audible」だと文字が表示されることも無いので苦労します。

その点は、「Audible」のデメリットであると言えますね。

Audibleの良い口コミ

私の感想だけだと信憑性に欠けると思うので、ここでは他の人の良い口コミをご紹介します。

次のような口コミが多く見られました。

・目に優しい。

・車の中で聴ける。

・時間が無い人に良い。ながらで聴ける。

・通勤電車で聴ける。

1つずつ見ていきましょう。

目に優しい

Ryo

目を使うことが全く無いから、目に優しいですよね!

車の中で聴ける

Ryo

車の中で音楽ではなく、オーディオブックを聴くのも良いですね!

時間が無い人に良い。ながらで聴ける。

Ryo

家事などで忙しくても、ながらでオーディオブックを聴けちゃうので最高!

通勤電車で使える

Ryo

通勤電車が満員で本を読めない状況でも、Audibleなら使えますよ!

Audibleの悪い口コミ

次に「Audible」に関する悪い口コミをご紹介します。

次のような口コミが見られました。

・利用料金が高い。

・読むスピードが遅い。

・図が含まれている本には向かない

1つずつ見ていきましょう。

利用料金が高い

https://twitter.com/ga_neha/status/1324692219349987328
Ryo

利用者が増えていけば安くなっていくと思うよ!

読むスピードが遅い

Ryo

これに関しては、0.5~3.5倍でスピードを変えられるから問題なし!

図が含まれている本には向かない

https://twitter.com/rarihoma/status/1323485430470205440
Ryo

図が多い本は、紙もしくはKindle端末で読むようにすると良いよ!

Audible登録方法

ここでは、Audible30日間無料体験の登録方法をご紹介します。

以下の手順で行なって下さい。


① まずはAudible無料体験登録ページにアクセス。

② 「最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。」をクリックし、次の画面でも「最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。」をクリック。

Audible「最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。」をクリック
Audible「最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。」を再びクリック

③ 「無料体験を試す」をクリック。

注意!

クレジットカードや住所を設定していない方は、この段階で入力することになります。

Audible「無料体験を試す」をクリック
「無料体験を試す」クリック

④ 画面の指示に従って登録を完了させて下さい。


関連記事

パソコンでの登録方法はAudibleの会員特典、無料体験の登録方法をご紹介に書いてあるので参考にして下さい。

Audible解約方法

無料体験期間が終わる前に、「Audible」を解約したい。

という方のために、「Audible」の解約方法をご紹介します。

以下の手順で進めて下さい。

注意!

「Audible」の30日間無料体験は、解約した時点で即会員特典が利用できなくなります。

そのため、解約するのは無料体験が終わるギリギリにした方が長く利用できます。


① まずはAudible公式サイトにアクセスし、「メニュー」から「サインイン」する。

スマホ画面でAudibleの「メニュー」をクリック
メニューをタップ
スマホ画面でAudibleのサインインをクリック
サインイン

② 退会はPCサイトからしかできないため、画面を一番下までスクロールして「PCサイト」をクリック。

スマホで「PCサイト」をクリック
「PCサイト」をクリック

③ 「〇〇さん、こんにちは!」にカーソルを乗せ、「アカウントサービス」をクリック。

Audible公式サイトで「アカウントサービス」をクリック
アカウントサービスをクリック

④ 「退会手続きへ」をクリック。

スマホで「退会手続きへ」をクリック
「退会手続きへ」をクリック

⑤ 「このまま退会手続きを行う」をクリックし、画面の指示に従って進めれば退会完了!

PC画面で「このまま退会手続きを行う」をクリック
「このまま退会手続きを行う」をクリック

Ryo

忘れずに解約するようにしましょう!

【最後に】まずは無料体験から

最終的に「Audible」は以下のような方にオススメできます。

オススメな人

・読書する時間がなかなか取れない人

・家事をしながら利用したい人

・通勤電車などで利用したい人

・オーディオブックに興味がある人

・活字を読むのが苦手な人

でも本当に自分に合うか分からない...。

と思いますよね。

そのために「Audible」では30日間無料体験が用意されています!

無料体験だけでも2冊オーディオブックを楽しめるので気軽に試してみてください。

いつでも退会可能です!

30日間無料体験はこちら

-Amazon